活動レポート:教室・イベント

HOME活動レポート › 活動レポート:教室・イベント 2013.11.17

ACAワールドフェスタ ―世界の料理と音楽の祭典―

2013.11.17

2013年11月17日(日)、「第1回ACAワールドフェスタ ―世界の料理と音楽の祭典―」が開催されました。
ボランティアの方たちが朝6時からセンターの調理室で準備されたお料理が、11時半には会場に次々と並びました。韓国のチヂミ、インドのタンドリーチキン、フランスのキッシュ、イタリアのアランチーニ、メキシコのナスとひき肉の重ね焼き、中国の炒めビーフン、タイのカレー、ロシアのビーフストロガノフ、スペインのレモンチキン。9カ国のお料理と、ブラジルのコーンケーキ、フランスのマドレーヌの2カ国のお菓子、合わせて11品。入れたてのコーヒーと紅茶の販売もありました。どれも美味しそうで何を食べようか迷ってしまう方も多かったのではないでしょうか。お料理と飲み物の販売担当は、ふだん日本語教室で学習しているロシア人、中国人、インド人、インドネシア人、カナダ人の皆さんと先生方などでした。

食事のあとはコンサート。出演は、アンサンブル プチ エリーゼ(ヘルマンハープの演奏)、 野いちごコーラス、リコーダーオーケストラ O.R.S.、夢クラブコーラス、ハウオリ ポリネシアン スタジオ(ポリネシアンダンス)、浜風コーラス。最後には「もみじ」を会場の皆さん全員で歌いました。


 


1階ホールでは、朝から夕方近くまでバザーが行われました。衣類、布地、日用品、食器、靴などたくさんの品物が並び、大勢の方達に買い物をしていただきました。品物を並べることから、販売、後片付けまで、バザー担当のボランティアの方たちも大活躍でした。

天候にも恵まれ、総勢約450名の方に来場していただきました。潮芦屋交流センターに初めて足を運ばれた方もいらっしゃったことでしょう。これをきっかけにセンターを身近に感じていただければと思います。ご来場の皆様、ボランティアの皆様、どうもありがとうございました。

←活動レポートのTOPに戻る